doctor

犬に多い病気

専門の医院に相談することで問題の解消に導けます。椎間板ヘルニアは犬向けに治療を進めています。医院に相談して対策を考えよう。

家族の一員を供養してあげませんか?ペット火葬を大阪で行なうのであれば、真心こもったセレモニーのこちらがおすすめ!

doctor

私たちは様々な原因で体に異常が現れることがあります。例えば長時間座りっぱなしの仕事をしていれば腰痛や肩こりなどの症状に悩まされるリスクが増えると言えます。しかし、このように体調を崩してしまうのは人間だけではありません。動物もまた生活する中で怪我をしたり病気にかかってしまうことがあります。一般的にペットとして飼育されている動物の中でも、犬と猫はその頭数が多いことで知られています。ペットとして飼育しやすいよう、長い年月の中で品種改良を繰り返されたことで、ある一定の種に関して特定の病気にかかりやすいものがあります。ダックスフントは胴が長く脚が短い小型犬で、ペットブームの中でも特に人気のある犬種として知られていますが、その体ゆえに椎間板ヘルニアにかかる可能性が大きいのです。椎間板ヘルニアは人間にも見られる病気ですが、痛みなどを感じてすぐに治療を開始させられる私たちに対し、犬は痛みを訴える術がありません。飼い主である人間が様子にいち早く気付いて、早めに治療を受けさせてあげることが大切です。

犬や猫には様々な種類が居ます。体毛の色や長さ、体の大きさも異なっていて、世界中に数多くのペットが存在しているのです。その特徴から特定の病気を発症しやすい種がありますが、普段よりも頻繁に鳴いたり、元気がなくなったりといった異常が見られる場合には、何らかの病によって体に痛みを感じているサインである可能性もあります。そういった時は飼い主がすぐに対処してあげることが大切です。椎間板ヘルニアはダックスフントなど胴の長い犬種によく見られる病気です。しかし犬種が限定されている病気ではなく、常に4足歩行で腰に負担をかけている犬は大小に関わらず椎間板ヘルニアを発症する可能性があるのです。腰の神経が圧迫されることで痺れや痛みが感じられるこの病気は、投薬治療や外科手術などが必要なケースもあります。放っておくと最悪の場合下半身が麻痺し、歩けなくなってしまう可能性もあります。普段から健康状態を細かくチェックしてあげておくと良いでしょう。

成田空港にはペットホテルがあるのです!ペット達に嬉しい環境となっているので、安心して旅の前に預けることが出来るのです。

可愛いチワワを飼いたい!という人はこちらがおすすめ。初めての方でも安心して飼えるようにしっかりとサポートしてくれますよ。

生活の中のリスク

dog

ダックスフントは特に椎間板ヘルニアにかかるリスクが大きい犬種であると言えます。しかし、他の犬種も運動過多や肥満、または高いところからのジャンプなどで背骨に大きな負担をかけてしまいがちです。

» 詳しく見る

病院や施設で改善

dog

犬の椎間板ヘルニアは病院や専門の施設で改善することができ、人間同様の検査で症状や状態をチェックしてくれます。病院や施設を選ぶ時には、医師やスタッフの対応をチェックしながら選ぶことが大切です。

» 詳しく見る

治療方法は様々

doctor

犬の椎間板ヘルニアを改善する治療方法には2種類あると言われています。外科治療と保存治療の2種類ですが、犬の症状や状態によって上手く治療方法を変えていくことが大切です。

» 詳しく見る