doctor

病院や施設で改善

検査方法も多様

dog

自分の愛犬が椎間板ヘルニアにかかってしまった時には、できるだけ正しい治療を施すことができる病院や施設で治療をしてもらうのが良いでしょう。近年のペットブームに伴って、ペットの病気治療や健康を維持する為のサポート施設やサービスはかなり増えてきています。動物病院では、人間と同様の機械を用いてペットの状態を検査できるようになっているので、昔は改善できなかった症状も比較的スムーズに改善できるようになっています。愛犬の椎間板ヘルニアを診断する検査には、レントゲン検査やCT検査、MRI検査という方法があります。これらの検査方法は人間の検査でも用いられる方法で、比較的使用方法も同様です。特にCT検査の場合は体の周囲を360度撮影することができるので、椎間板ヘルニアで痛みの原因にもなる脊椎を3D画像でチェックすることができます。

施設はしっかり選ぶ

愛犬の椎間板ヘルニアを改善する為にも、病院選びからしっかり行なうことが大切です。動物病院と言っても、それぞれの病院で医師やスタッフも違えばサービスや対応も違ってきます。口コミなどをチェックしながら良い診察をしている病院を見つけ出すのが良いでしょう。選ぶ時には、問診で判断するのも1つの方法です。椎間板ヘルニアは犬も人間も同様で、しっかりと検査や問診をして痛みや症状を把握した後に治療をしなければ上手く改善することができません。問診の時に時間をかけて犬の体を細かくチェックしてくれるか、触診しながら状態をチェックしてくれるかどうか見ておくと良いでしょう。問診時に犬の体で気になる点や普段の行動を伝えておくことも重要です。加えて、椎間板ヘルニアの施術や治療方法におけるメリットやデメリットも正直に伝えてくれる医師であれば安心して治療を任せることができるでしょう。