生活の中のリスク | 椎間板ヘルニアを予防してあげよう|愛犬を病気から守るには
doctor

生活の中のリスク

dog

ダックスフントは品種改良を重ねて生まれた犬種のひとつです。愛らしい見た目とちょこちょこ歩く姿から飼育している人は多く、人気の犬種としてペットブームを牽引しています。しかし、その姿が椎間板ヘルニアを発症しやすいものであることは有名です。ダックスフントは他の犬種より圧倒的に胴が長く、歩いたり段差の昇り降りをするだけでも腰に大きな負担がかかっています。犬は運動の為に散歩が欠かせないのですが、ダックスフントは腰への負担が蓄積されやすいので椎間板ヘルニアになるリスクが大きいのです。最近は犬を屋外で飼育する家庭が減少し、小型犬などは家の中で飼育されるのが当たり前になってきました。屋内飼育が広がってきたことでフィラリアなどの疾患は劇的に減少していますが、階段から転落したことによる骨折や、運動過多で腰椎を損傷したりするケースは増加の一途を辿っています。

ダックスフントに多い椎間板ヘルニアは、他の犬種にも見られる病気です。椎間板ヘルニアを発症する原因は背骨に負担をかけることが挙げられますが、胴が長いダックスフントはそのリスクが大きいと言うだけで、肥満や運動過多などが原因になることも少なくありません。例えば、大型犬は骨格もしっかりしていて筋肉量も多く、運動をすることも得意であるケースがほとんどでしょう。しかし、その大型犬が肥満であったり、無理なジャンプや体を大きく捻るような運動を繰り返し続けた場合などには、腰に大きな負担をかけることになります。小型犬も同じで、高いところから飛び降りたりした着地の際など、小さな背骨はかなりの衝撃を受けることになるのです。フローリングの床は脚の裏にも毛が生えている犬にとって大変滑りやすいのですが、踏ん張りをきかせることで体に負担をかけてしまいます。このように、犬たちは生活の中に様々な怪我や病気のリスクを背負っているのです。